BLOG

僕のStravaの使い方 #3

Stravaのアプリで結構使うのがプロフィールの機能。自分のプロフィールを見てニアニアするのではなくて(笑)、結構有用な情報が載っています。今回はそこのご紹介。

週間運動時間

まず、プロフィールを開くと週間の活動時間や走行距離のグラフが表示されます。時間を表示するのか、距離を表示するのかは個人で設定でき、僕は時間で表示しています。ランやバイク別に1週間ののタイム、距離、獲得標高を見ることが出来、これで目標の時間トレーニング出来ているか?きちんとリカバリーの週を入れているかなど確認するのに使用しています。1週間単位で管理したい場合は非常に使いやすいです。

シューズの走行距離

シューズの走行距離はStravaで管理しています。TraningPeaksでも出来るんですが、Stravaは走った後に写真を載せたり説明を書いたりするので、そのついでに使用したシューズを設定します。この機能はどれだけ各シューズで走ったかを管理出来るので、引退させる時の判断に使っています。ロードシューズは700km~1000km、トレランシューズは500km~800kmを一つの目安にしてますが、ソールの削れ具合やミッドソールのヘタレ具合などでも判断してます。

ルート管理

プロフィールからルート管理機能にアクセスできます。ルートの編集は主にPCでやる事が多いのですが、簡単なルートであればスマフォでも作成することが出来ます。Stravaのルートは「☆」のところにチェックを入れるとGarminにダウンロードすることが出来るので主にルートをGarminに入れ忘れた時などに非常に重宝します。

 

今回はプロフィールの使っている機能を簡単にご紹介しました。これ以外にも今年どれぐらい走ったとか、今までに獲得したトロフィーなども見ることができます。ぜひ活用してみてください。